続・ツナギ売りの真髄 「くじけない株式投資」

具体的な売買譜を下敷きに、実践的な売買が学べます。

株式投資で失敗する人には、共通する「負けパターン」があります。



株式投資のルール自体は、非常にシンプルです。
株式投資のルールは、たったのこれだけです。



 ・ 買った株は上がれば利益。下がれば、損。
 ・ 空売りした株は下がれば利益。上がれば、損。
しかし、多くの市場参加者はこのルールの上手な使い方を知りません。
だから、勝ったり負けたりを繰り返す起伏の激しい売買になるのです。



株を始めたばかりの人は、血まなこになって「上がりそうな株」を探します。
「上がりそうな株」をいかに見つけられるか。それがコツだと思い込んでいます。


こういうスタンスで株式投資に臨んでいる人に限って、
自分が買った株が下がることもある、という考慮がありません。


100万円分株を買ったとして、株価が上がらなかった場合、
95万円まで下がったら損切りしよう。そんな想定は一切ありません。
だから、ずるずると株価が80万、70万と下げても何もせず塩漬けにしてしまいます。
自分なりの売買ルールがないので、必然的にでたとこ勝負になるのです。


続・ツナギ売りの真髄 「くじけない株式投資」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。